9月29日、続いて里芋を

?

上石津で採れた、栗入りあんパンはじめ、好評を頂いている秋の味覚。一昨日に頂いた当地の里芋を本日は「パンに使ってみよう」と、かみさんの弁。お昼前には、出来上がり並ぶパンの陳列台。興味津々な、早朝の本日です。

 

秋深し、栗がまた

?

「家の栗が、採れたよ」と、前ケ瀬の友人が栗を届けてくれました。以前に分けて頂いた上石津の栗が美味しくて、パンに使用すれば評判に。その後、追加をあちこちと回ったものの適当なものが手配できなくて多少に悩んでいたところ友人に栗を持参頂いた今朝のこと。里芋や、柿、南瓜と、秋の味覚に思いと予定もたてながら、栗入りあんぱんも焼きあげる、今朝のかみさんのことです。

 

グレイズ・アナトミー

毎日の営業終えて夕食と就寝前の小タイム。決まってかみさんと観るのはニュース報道番組とレンタルビデオSで借りたDVD。内容といえばシネマ上映を見逃した最近映画や古い名作映画など。それがここのところの数ケ月はアメリカで製作TV番組として放映されたドラマ「グレイズ・アナトミー」。当番組は現地アメリカでは放送開始から10年以上を継続する視聴者のトップを争う人気番組で現在は第11シーズンを放映中。私たちが今観ているのは第10シーズンあたり。場面はアメリカシアトルの大病院で働く複数の若い外科医たちの仕事と恋愛、苦悩と成長などをインターンとしてのスタート時点から描く内容が中心。時にはアメリカ社会に起こる大事件を舞台に描くことも。しかし視聴をつうじて一番に思うのは、人間として生きていることを礼賛するヒューマニズムと、それを支える合理主義に宿る精神力か。医療現場に起こる波乱や葛藤の際、垣間に見えるしたたかな悩み方や強い愛情の表現は、日本社会での表現とは違ったヨーロッパやアメリカ社会に長く培われた彼らの誇るヒューマニズムの精神にふれてなかなか興味が尽きず。全ては肯定せぬもののしかし、楽しく観て笑い、生きていく人の背中をそっと押す就寝前の番組鑑賞小タイムのことです。

?

多良、ふるさと通信に、

?

今月の多良ふるさと通信トピックス「多良人」に私たちを新しい仲間として掲載頂いた内容をご覧になって、昨日、下多良のご夫妻がご来店されました。地域のことや以前のおすまいのこと、上石津で穫れた栗やブルーベーリー、茄子など用いたパンのこと。「明るい雰囲気でいいね」との感想も頂けることに。

日に日に増す秋の気配。「本当にいい天気。今日は一日、脱穀するし」とその前に一服憩われる地域の友人。運動会から宮のまつり、庭の草刈り手入れや垣根の剪定、薪やストーブ、燻製器の使い方、いろいろと地域の方に教えて頂きながら準備もすすめる今日のことです。

秋の栗フェアー

地域の友人に手配頂いた栗で、本日のパンは栗フェアー企画になりました。あんぱん毎に栗がひとつ入った栗あんぱん、さらに栗が楽しめるクルミ入り栗パン。さらに地域のブルーベリーをのせたクリームパンや、上石津のなす入りで焼き上げたピサパンなどなど。午前には湯だね食パンも完売し、追加を午後に焼き上げ。連休中はカフェも営業。好天秋も深まる20日の日曜です。

?

?

?

?

ブルーベリー

「家にあるのを持ってきたし。」と頂いたブルーベリー。早速ジャムとしてクリームパンに仕様し、店頭のパンに添えました。

いえの庭にも植えることとし、植木屋さんでのぞくと、ブルーベリーの品種はいろいろといっぱい。食用と開発された今は300種類にものぼるとか。いろいろとおしえられるこの間の日々です。20150918_070952_192-02

秋です。栗が届きました。

友人を通じて、上石津の農家さんから「栗」をいただきました。

上石津でとれた栗で今年の渋皮煮を作ります。毎年作っていますが、栗を手に入れるのが一苦労

今から、栗の皮を栗坊主(皮をむくはさみ)でむき、アクとりして甘く煮詰め「渋皮煮」の完成です。

パンにも使います。楽しみです。

くり

ヴィンセントが教えてくれたこと

定休となる昨日鑑賞した映画題名は、表記タイトル。上映映画館が限られていることもあり、車を駆って本巣地域にあるモレラ岐阜まで。月曜と平日ながら沢山のお客さまで賑わう商業施設。とはいえ鑑賞映画の場内は閑散としたもの。上映時間は102分。破天荒な中年男と12歳少年とのやりとりを中心に進む映画のあらすじ内容は、スマホに譲ることに。生きている関わりの中で、表に映ることと深く静かに流れている隠された優しさや切なさなど映画は進行。自分が生きていくこれからについて、励ましを受ける映画鑑賞の昨日のことでした。

宮まつりが、

上石津地域でも秋祭りシーズンが到来。「仕掛け花火もあがって幻想的だよ。」地域で最も奥に位置する時山での宮まつりに、12日土曜夕刻にお訪ねしました。江州音頭のお囃子も聴こえる滋賀近江の風習の香りも深い地域の宮まつり。山を越えれば多賀大社の近江。奥地に漂う幻想的なまつり参加のことです。20150912_185824-02

薪到着

長めの雨や台風襲来などで、お店のかたわらチェーンソーでの薪づくりはやはり長期戦に。地域友人に相談したところ、見かねてか翌日にはトラックで、ストーブ仕様での桜木薪が搬入到着。ストーブのあるパンカフェらしい装いとなりました。いよいよ秋到来。本日夕刻には地域のお宮で秋祭りがはじまるとのこと。実りと収穫の秋はじまりと思う今日のことです。

 

?