迷い牡鹿が、

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の朝、カフェ営業の庭前に、牡鹿が佇み暫くの時間、左右の動きを凝視していました。不自然な佇む様子は、足に怪我を負っていることに因ることが後で判明。どうやら走る車両と接触した模様。人間社会と動物社会が接触する当地域。いろいろとそれぞれの在り方について考えてしまった昨日のことでした。

CIMG1009-02

迷い牡鹿が、」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です